記事監修の費用はいくらかかる?記事監修の費用と効果を監修者が解説

こんにちは、社労士のキタです。

今回は「記事監修」についてお話しします。

このような悩みを解決する記事を作成しました。

内容は実際に私が記事監修した経験をもとに作成しているため、信頼性の高いものとなっています。

記事前半では「記事監修の重要性と効果」について、後半では「依頼方法と費用」について解説するので、ぜひ参考にしてください。

すぐに記事監修の費用について知りたい方は、「記事監修の費用」へどうぞ!

目次

記事監修とは?

記事監修とは「専門家のチェックによって記事の信頼性を上げること」です。

信頼性が重要な理由は「誰でも発信できるようになった」ことが大きな原因になっています。

情報があふれている現代では、素人が発信している記事には価値がなくなってきました。

そこで、お金を払って専門家に監修をしてもらい「記事の価値を上げたい」と思う人が増えているんですね。

記事監修の効果

記事監修は「SEO対策」に効果があります。

SEOとは検索順位を上げる施策のことです。

たとえば「給与システム おすすめ」と検索してしたら、一番上に表示された記事がクリックされて、その記事から商品が売れていきますよね。

記事監修は、記事の検索順位を上げる効果があります。

なぜそう言い切れるのか。次で解説します。

記事監修はEATに効果的

SEO対策の一つであるEATという基準があります。

EATとは
・専門性(Expertise)
・権威性(Authoritativeness)
・信頼性(Trustworthiness)

の略称で、GoogleのSEO対策で重要視されている基準のことです。

記事監修は「専門性」と「信頼性」を上げるうえで非常に効果的ですよね。

つまり、記事監修によってGoogleからの評価を高める効果があるということです。

記事監修を依頼する方法

記事監修を依頼する方法は3つです。

  1. クラウドソーシングで依頼する
  2. 直接依頼する
  3. 記事監修専門サイトから依頼する

それぞれを詳しく解説します。

①クラウドソーシングで依頼する

最近一般的になってきた依頼方法が「クラウドソーシング」です。

クラウドソーシングとは「インターネット上で手軽に仕事を依頼できる」サービスです。

日本では「クラウドワークス」や「ランサーズ」が有名です。

実際、私もクラウドソーシング経由で監修のご依頼をいただいたことがあります。

それを踏まえてメリットとデメリットを解説します。

メリット

クラウドソーシングで記事監修を依頼するメリットは次の通りです。

  • 費用が安く済む
  • 安心安全

クラウドソーシングは不特定多数の人に依頼し、オファーを待つ依頼方法です。

そのため副業で仕事を行っている人が多く、スキルもまばらなため、相場より安い金額で請け負ってくれます。

またクラウドソーシングの運営会社が間に入っているので、不正な取引や口約束の契約をすることはありません。

なお、私が初めてクラウドソーシング経由で記事監修をしたときは、1記事5,000円で受けていました。

デメリット

クラウドソーシングで記事監修を依頼するデメリットは次の通りです。

  • 請負人を選べない
  • 請負人の実力が不透明

クラウドソーシングはオファーをもらうことが前提です。

もし案件に応募してきた人が全員初心者だった場合は、監修の依頼できないこともあります。

また偽名を使っていたり、プロフィールが把握できない場合があったりと実力が不透明なのもデメリットです。

②直接依頼する

専門家のホームページやSNSから直接依頼する方法もあります。

依頼する際は、実績を確認してから依頼すると良いでしょう。

メリット

直接依頼のメリットは次の通りです。

  • 単価の交渉がしやすい(手数料が抜かれない)
  • 実績を確認してから依頼できる

直接依頼の一番のメリットは、単価交渉がしやすいこと。

相場は決まっておらず、言い値で請け負ってくれるため単価が安く済む場合があります。

また請負側にしてもサービス運営者への手数料が発生しないため、こころよく請けてくれる可能性は高いでしょう。

デメリット

直接依頼のデメリットは次の通りです。

  • 記事監修の経験がない可能性がある
  • 依頼を拒否される可能性がある

専門家の多くは記事監修の経験がない方です。

もし記事監修経験のない方に依頼する場合は、詳しい手順の説明が必要になるため、なるべく監修の経験がある方に依頼することをオススメします。

また依頼を必ず受けてくれるとは限らないため、繁忙期を避けた方が依頼は通りやすいでしょう。

③記事監修専門サイトから依頼する

記事監修専門サイト「みんなの記事監修」を利用するのも一つの手です。

「みんなの記事監修」は厳選な審査を突破した信頼性の高い専門家が登録されており、各分野のスペシャリストに記事監修を依頼できるサービスです。

メリット

記事監修専門サイトに依頼するメリットは次の通りです。

  • 優秀な専門家が多い
  • 信頼性の高い記事ができる

審査を突破した優秀な専門家に監修を依頼できるため、専門性が高い記事が出来上がります。

また実績がある人が監修するため、記事の信頼度はより高くなるでしょう。

デメリット

記事監修専門サイトに依頼するデメリットは次の通りです。

  • 費用が高い
  • 納期に時間がかかる場合がある

記事監修専門サイトはサービス手数料が上乗せされている分、費用が高くなります。

また本業で忙しい方が多く、納期までに時間がかかる場合があるため早期に結果を出したい方にはデメリットとなります。

記事監修の費用

一般的な記事監修は2万円~5万円が目安となります。

「高いな」と思うかもしれませんが、これが現実的な相場です。

なぜなら専門家は、常に勉強をして知識を蓄え、それを商品としているからです。

まずはこの費用を基準としてください。

クラウドソーシングの費用

クラウドソーシングの場合は、おおよそ5,000円から可能です。

しかし価格が安すぎると専門家も価格相応のレベルの人にしかオファーはされないでしょう。

「とりあえず試しに」と思う方にはおすすめします。

クラウドソーシングで依頼する方は日本で有名な下記の2サイトに登録するとよいでしょう。
2つとも無料で登録ができます。

クラウドワークス
ランサーズ

直接依頼の費用

直接依頼の費用は「人による」です。

おおよそ1万円〜5万円程度を想定するとよいでしょう。

なお、記事の監修経験やWebライターの経験のある方にお願いするほうが相場観があるため、スムーズにやりとりができます。

記事監修専門サイトの費用

記事監修専門サイト「みんなの記事監修」の費用は以下の通りです。

スクロールできます
専門家の種類1記事
弁護士30,000円(税込)
獣医師33,000円(税込)
税理士27,500円(税込)
社会保険労務士15,000円(税込)
ファイナンシャルプランナー27,500円(税込)
建築士27,500円(税込)
宅地建物取引士27,500円(税込)
不動産鑑定士27,500円(税込)
司法書士15,000円(税込)
行政書士27,500円(税込)
保険アドバイザー27,500円(税込)
キャリアコンサルタント27,500円(税込)
教師・塾講師・家庭教師27,500円(税込)
※弁護士法により弁護士・社会保険労務士・司法書士への依頼は、仲介手数料がかからない
※引用:みんなの記事監修

仲介手数料がある分、一部を除き高めの値段設定になっています。

ただ個人的な感想で言うと、知識豊富な専門家に依頼する料金としては手ごろな値段だと思います。

人事労務の記事監修なら当サイトの管理人へ

最後に宣伝になってしまいますが、人事労務の記事監修については私も承っています。

ご依頼の際にかかる費用や期間は以下の通りです。

費用:11,000円(税込)
期間:ご依頼から10日以内
特典:ご要望があれば100文字~300文字のコメントをご提供

なお、私に監修をご依頼いただいたお客様には、当サイトと私の社労士事務のホームページ、2サイトに監修した記事を掲載させていただきます。

またWebライターとして50記事以上、ブログを200記事以上執筆した経験もございますので、誤字脱字などの添削も可能です。

まとめると

  • 社労士の監修
  • 誤字脱字などの添削
  • 被リンク2つ

これら3点込みで1記事11,000円(税込)で承っております。
※価格は予告なしに変更する場合がございます。

まとめ

  • クラウドソーシングで依頼する:比較的安価で依頼できる。専門家のスキルはまばら。
  • 直接依頼する:言い値で価格設定できる。必ず依頼を受けてくれるとは限らない
  • 記事監修専門サイトから依頼する:仲介手数料が含まれるため値段は高め。専門家のスキルが高いため質の高い記事ができる。

記事監修の費用は2万円~5万円が一般的です。

「高い」と思うかもしれませんが、専門家が監修した記事はGoogleから評価され、検索順位が上がりやすくなりますよ。

クラウドソーシング
直接依頼

私にご依頼いただける方はこちら

記事監修専門サイト
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
管理人:キタ コウタロウ
社会保険労務士・Webライター
きた社労士事務所代表
給与計算や社会保険業務などの労務業務を10年経験。その後、社労士として独立。人事労務コンサルのほか、Webメディアの執筆・監修に力を入れている労務の専門家。
目次