Excelで氏名を分解・結合する方法|関数を使わずに1分でできる

 

Excelで氏名を苗字と名前に分けたいんだけど、どうすればいいの?

労サポくん

そんな悩みにお答えします。

この記事でわかること
  • Excelで氏名を分解・結合する方法
  • 分解・結合するときの注意点

こんにちは、社労士のキタです。

人事労務の仕事をしていると、従業員の情報をCSVやExcelで抽出することは多いですよね。

そして、なにかと氏名を分けたり結合したりする加工が必要になる場面が出てくるはず。

そこで今回は関数を使わずに氏名を分解・結合する方法を解説します。

毎回Excelの加工に悩んでいる方はぜひご覧ください。

目次

Excelで氏名を分解・結合する方法

結論からいうと、Excelの「フラッシュフィル」を使って氏名を分解・結合します。

フラッシュフィルとは入力されたデータの規則性を自動的に認識して同じ規則で入力してくれる機能です。

Excel2013以降に搭載されている機能なんですよ。

では具体的なやり方を解説しますね。

フラッシュフィルの使って氏名を分離する方法

フラッシュフィルを使って分解する手順は以下の通りです。

STEP
分解したい氏名の姓と名を手入力
姓と名を手入力

※すべて架空の名前を使っています。

STEP
姓を空欄セルをクリックし、「フラッシュフィル」をクリック
空欄セルをクリックして「フラッシュフィル」をクリック

①空欄セルをクリック
②「データ」タブをクリック
③「フラッシュフィル」をクリック

STEP
自動的に姓が抽出
自動的に抽出
STEP
名も同じやり方で抽出
名前も抽出

このように、最初に手入力したセルを元にExcelが自動的に分解してくれます。

フラッシュフィルの使って氏名を結合する方法

続いて氏名を結合する方法を解説します。

手順は分解と同じです。

STEP
姓と名を結合した氏名を手入力し、フラッシュフィルをクリック
フラッシュフィルをクリック
STEP
自動的に氏名が結合する
氏名が結合
労サポくん

これだったら関数使わなくてもできますよね。

フラッシュフィルの注意点

フラッシュフィルを使えば分解・結合は「何も考えなくていい」と思うかもしれませんが、そうではありません。

フラッシュフィルはあくまで自動検出なので、必ずチェックしましょう。

たとえば住所でフラッシュフィルを使うと以下のようなことが起きます。

「市」が抜ける

このように自動抽出することで「〇〇市」の「市」が抜けることもあります。

フラッシュフィルも万能ではないので注意して使いましょう。

まとめ

氏名を分解・結合するやり方はいろいろありますが、「フラッシュフィル」が一番簡単です。

とはいえ、すべてをフラッシュフィルに頼ってしまうとミスをしてしまいます。

分解・結合後は必ずチェックするようにしましょう。

以上、参考になれば幸いです。

労務担当者におすすめの書籍

以下、広告を掲載させていただいております

広告募集中!

広告の掲載についてはこちら

記事執筆・監修

人事労務に関する記事執筆・監修は随時承っております。

執筆・監修実績はこちら

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
管理人:キタ コウタロウ
社会保険労務士・Webライター
きた社労士事務所代表
給与計算や社会保険業務などの労務業務を10年経験。その後、社労士として独立。人事労務コンサルのほか、Webメディアの執筆・監修に力を入れている労務の専門家。
目次
閉じる