【離職票】通勤交通費の計算方法【定期代・車・退職精算】

 

労務初心者です。
離職票の通勤交通費はどうやって計算するんですか?

そんな疑問にお答えします。

この記事でわかること
  • 定期代の月割り計算
  • 車の時の通勤交通費
  • 退職精算があった場合の計算
計算大変だけどがんばろう

離職票を作成していると、通勤交通費の計算に悩まされますよね。

今あなたの前には定期代の人や車の人、そして退職するにあたって給与で通勤交通費を精算した人など様々な事例が出てきているはずです。

そこで今回は、離職票を作る際の通勤交通費計算の仕方を分かりやすく解説します。

離職票の通勤交通費に悩まされている方は、ぜひご覧ください。

目次

【離職票】定期代の計算は月割りをする

定期代の計算方法は「月割り」です。

例えば、下記の通り。

  • 通勤定期代:65,000円/6ヵ月分
  • 支給月:3月(4月~9月の6ヶ月分を支給)
  • 退職日:9月30日

上記のような場合、離職票では次の通りに月割りします。

賃金(通勤交通費)
4月10,833円
5月10,833円
6月10,833円
7月10,833円
8月10,835円

となります。

ポイントは

  • 3月支給だけど4月から月割りする
  • 端数を最後の月につける

この2点です。

「端数はどうやって計算しているかわからない」という方は次の通り電卓をたたいてみてください。

  1. 電卓で「65,000」「÷」「6」と入力
  2. 「10,833.33333」と出るので電卓の「←」で小数点を消す
  3. 電卓で「10,833」表示される状態になったら「×」「5」を押す
  4. 「54,165」になる
  5. 電卓で「-」を押す
  6. 6ヵ月定期代の「65,000」と入力(54,165-65,000ということ)
  7. 「-10,835」と表示される

ここで出た10,835円が離職票の最後の月に通勤交通費として計算に入れる金額です。

以上が、通常の定期代の計算方法です。

労サポくん

定期代は何月分からの定期代なのかで、いつから月割りするかが決まります。

【離職票】車の計算方法

車の場合は「何月の通勤交通費か」によって計算方法が異なります。

車通勤の人に前月分の交通費を給与で払っている場合、通勤交通費はひと月ずらして計算するということです。

例えば、4月給与で3月分の車代を払っている場合、4月で払われた通勤交通費は3月の賃金に入れて計算します。

もし4月分を4月に払っている場合はそのまま当月計算でOKです。

【離職票】退職で通勤交通費が精算になった場合

退職をすると、通勤交通費を精算する場合がありますよね。

精算した場合の計算方法は、単純に精算した月に精算分を賃金に入れるわけではありません。

支給した通勤交通費から精算額を引いて、在席期間で割ります。

・8月31日退職

通勤交通費:定期代60,000円(4月~9月分)
精算額:-12,000円

60,000円-12,000円=48,000円
48,000円÷5(6ヵ月-1ヵ月)=9,600円

月割りで表すと、下記の通り。

賃金(通勤交通費)
4月9,600円
5月9,600円
6月9,600円
7月9,600円
8月9,600円

この金額を通勤交通費を賃金にプラスして離職票を作成します。

労サポくん

ただし、給与計算ミスで修正した通勤費は、間違えた月に精算額を入れて計算します。

まとめ

離職票で通勤交通費の計算は必ず発生します。
今回紹介した計算方法は労務担当者であれば覚えておいて損はありません。

また電子申請で離職票を提出する場合は、賃金台帳の省略できるので、ハローワークの確認がされずに受理されることがあります。

あなたの計算次第で退職者の賃金が変わることもあるので、慎重に計算しましょう。

以上お役に立てれば幸いです。

よかったらシェアしてね!
管理人:キタ コウタロウ
社会保険労務士・Webライター
きた社労士事務所代表
給与計算や社会保険業務など労務業務を約10年、人事労務部門のマネージャーを約2年経験。現在は社労士・Webライターとして独立。
人事系メディアを中心に執筆・監修を行っています。
目次
閉じる