【傷病手当金の改正】2022年1月からの変更点と既存の受給者への対応

こんにちは、社労士のキタです。

2022年1月から傷病手当金が改正されます。

変更内容は以下の通りです。

  • 現行:支給開始日から1年6ヶ月経過するまで支給
  • 改正:支給期間が通算して1年6ヶ月まで支給

このように、支給期間が通算1年6ヶ月になるまで支給されることになります。休職と復帰を繰り返す従業員にとってはありがたい改正ですね。

「じゃあ今受給している従業員はどうなるの?」って思いますよね。

そこで今回は、2022年1月に改正される傷病手当金の概要と既存の受給者への対応を解説します。

この記事でわかること
  • 2022年1月傷病手当金の改正点
  • 2022年1月より前に傷病手当金を受給している人の対応
休職と復帰を繰り返す人が損しなくなるね
目次

そもそも傷病手当金とは?

そもそも傷病手当金とは、健康保険から支給される手当金のひとつで、業務外の病気やケガのために働くことができない期間、従業員の生活のために支給されるものです。

支給要件は次の通り。

  • 業務外で起こった病気やケガで休業していること
  • 仕事に就くことができないこと(医師が証明)
  • 連続する3日間を含み4日以上仕事に就けなかったこと
  • 休業した期間について給与の支払いがないこと
労サポくん

業務中の病気やケガは労災保険の休業補償となります

傷病手当金の改正点

2022年1月に改正される内容は以下の通りです。

  • 現行:支給開始日から1年6ヶ月経過するまで支給
  • 改正:支給期間が通算して1年6ヶ月まで支給

現行(2021年12月まで)は休職・復帰を繰り返していても、支給開始日から1年6ヶ月以降は傷病手当金が支給されませんでした。

しかし2022年1月からは、欠勤日が通算して1年6ヶ月になるまで支給されます。

出典:厚生労働省「傷病手当金について

すでに共済組合では通算化が認められていましたが、今後は一般の健康保険でも同様の支給期間の考え方を採用することになりました。

がん患者などは出勤・欠勤を繰り返すことが多く、回復まで時間がかかることから、今回の改正で不平等がなくなります。

改正前に傷病手当金を受給している従業員への対応

現場で気になるのは「改正前から傷病手当金をもらっている従業員への対応はどうなるのか」ということだと思います。

結論は「2022年1月1日時点で支給開始日から1年6ヶ月を経過していないのであれば通算が適用される」です。

細かい日数計算の仕方はまだ情報が出ていないので、わかり次第更新します。

また申請書のフォーマットも変わる可能性もあるので、2022年1月からの傷病手当金申請には注意しておきましょう。

以上、参考になれば幸いです。

よかったらシェアしてね!
管理人:キタ コウタロウ
社会保険労務士・Webライター
きた社労士事務所代表
給与計算や社会保険業務など労務業務を約10年、人事労務部門のマネージャーを約2年経験。現在は社労士・Webライターとして独立。
人事系メディアを中心に執筆・監修を行っています。
目次
閉じる