労務のプロが解説する【算定基礎届(定時決定)Q&A】

 

算定基礎届がわからなさすぎてツライです。
誰かぼくに算定基礎届を教えてください。

そんな悩みにお答えします。

労サポくん

この記事を書く私は労務の専門家である社会保険労務士。社会保険業務歴は10年です。

この記事わかること
  • 欠勤控除が翌月になる場合の計算方法
  • 算定期間中に産休に入った場合
  • 算定基礎届を提出後に修正する方法
  • など・・・。
算定基礎届って難しいよね

算定基礎届は1年に1回で通常の処理の仕方も忘れるのに、イレギュラーがあったら尚更わからないですよね。

この記事では算定基礎届についてみなさんが抱いている疑問をQ&A形式でお答えします。

算定基礎届作成に悩んでいるあなたはぜひご覧ください。

目次

算定基礎届Q&A

これから算定基礎届について解説していきますが、目次をクリックすればあなたが疑問に思っている項目に飛ぶことができます。

時間のない方は目次をご活用ください。

Q①時間外手当だけが翌月払いの場合は前月に戻して修正が必要ですか?

時間外手当は修正しなくて大丈夫です。

算定は原則、支払いベースで考えますので、実際に支払のあった月をその月の報酬とします。

例えば、3月分の時間外手当だけが4月の給与で支払われる場合は、3月分の時間外手当は4月分といて算定に含めます。

Q②当月の欠勤分を翌月の給与でマイナスしてる場合は前月に戻して修正が必要ですか?

欠勤控除の修正は必要ありません。

時間外手当同様、実際に支払のあった月をその月の報酬として考えます。

例えば、5月分の欠勤控除を6月でマイナス支給してる場合は、5月に戻さず、6月の給与がマイナスされた状態でそのまま算定届を作成してください。

月給:250,000円のみ
5月分の欠勤控除10,000円を6月給与で控除している場合
・4月250,000円
・5月250,000円
・6月240,000円

欠勤10,000円を戻さずそのままの状態で作成

Q③欠勤日数の引き方がわりません。当月?翌月?歴日数から引く?所定労働日数から引く?

欠勤控除している月と、欠勤控除している日割日数によります。

例1

5月に3日欠勤し、5月給与から3日分の欠勤控除をしている場合、5月の所定労働日数が18日だとしたら18日-3日=15日」となります。
ただし、欠勤控除を暦日(31日)で計算している場合は「31日-3日=28日」となります。

例2

5月に3日欠勤し、6月給与から3日分の欠勤控除をしている場合、6月の所定労働日数が22日だとしたら「22日-3日=19日」となります。
ただし、欠勤控除を暦日(30日)で計算している場合は「30日-3日=27日」となり、算定基礎日数が異なるので注意してください。

Q④通勤手当の精算があった場合はどうやって修正するんですか?

精算対象月に戻して修正計算します。

もし3月に引っ越しがあり、その通勤手当の精算分を4月の給与で行った場合は、4月から精算分の金額を除いて計算になります。

3月20日に引越した従業員の通勤手当精算額が3,000円で、4月給与で+3,000円をして精算をした場合。

4月の報酬から3000円を引いて算定基礎届を作成します。

Q⑤通勤手当の端数はどう処理すればいいですか?

1円未満の端数が出る場合は端数を切り捨てます。

3月に4月~9月分の6ヵ月定期代42,340円を支給
42,340円÷6=7056.66…円

4月:7,056円
5月:7,056円
6月:7,056円

Q⑥4月にパートから正社員になって翌月払いから、当月払いに変わりました。4月の給料が2回発生する場合どうしたらいいですか?

4月は正社員のみの給与で算定を行います。

パート分150,000円、正社員分250,000円合わせて400,000円を4月25日の給与で支給した場合。

算定基礎届においては、正社員分の250,000円を4月の報酬として計算します。

Q⑦パートから正社員になった場合の基礎日数はどうなりますか?

パートの時はパートの、正社員の時は正社員の基礎日数で作成します。

パートが5月から正社員になった場合

4月:21日(労働日数)
5月:31日(暦日)
6月:30日(暦日)

となります。

また、パートから正社員になった場合は、ほとんどが月変(随時改定)になりますので、算定で届け出たとしても実際は算定で計算されません。

例えば、5月に正社員になった場合は、8月の月変となり、6月に正社員になった場合は9月月変となります。

Q⑧5月10日から産休に入って無給になった場合、どうやって計算するんですか?

4月のみ算定の対象となり、5月、6月は算定の対象外となります。

5月10日から産休(当月締め・当月支給)
4月:250,000円(30日)
5月:120,000円(10日)
6月:0円(0日)

算定基礎届:4月のみの250,000円で提出

なお、届出作成の際は、備考欄に「5月10日から産前休暇」と明記すると良いです。

Q⑨休職中で全く給与の支払いがないのですが、算定基礎届は提出しないといけませんか?

全く給与の支払いがない従業員でも算定基礎届の提出は必要です。

備考欄に「○月○日から休職」と書いて提出してください。

出典:日本年金機構

Q⑩4月1日に入社した社員について、4月の給与は1ヶ月分の給与が支給されません。
毎月20日締め、月末払いのため、支払基礎日数が17日以上ありますが、4月は算定の対象月となりますか?

4月を除いて算定基礎届を作成します。

なお、算定基礎届を提出する際は、「総計」欄から4月の報酬月額を除いた金額により算出した平均額を、「修正平均額」欄に記入した上で、「備考」欄の「4.途中入社」及び「9.その他」に〇を付し、カッコ内に「資格取得年月日」を記入してください。

Q⑪社宅に住んでる従業員がいる場合、何かしないといけないんですか?

会社が借り上げた住宅(社宅や寮など)に従業員を住ませている場合は通貨に換算して、算定基礎届に記載しないといけません。

住宅については畳1畳当たりの価額が設定されていて、部屋に畳を敷いていない場合は1.65平方メートルを1畳として計算します。また、価額を算出する場合は、居間、茶の間、寝室、客間等、居住用の部分のみが対象になります。

台所、トイレ、浴室、玄関、廊下などは含めません。

1畳当たりの単価や計算方法については日本年金機構が公表している全国現物給与価額一覧表をご覧ください。

Q⑫3月の昇給分が4月に支給されてた場合はどうすればいいですか?

3月の昇給分を除いて算出します。

Q⑬休業手当が支払われた場合はどうすればいいですか?

休業手当が支払われた場合は、休業手当を含めて算定します。
また休業手当を支払った日は、たとえ従業員が出勤していなくても「出勤扱い」になります。(有休と同じ考えです)

ただし7月1日時点で休業が解消しているかどうかで計算式が変わってきます。

・7月1日時点で休業が解消している:通常月のみで計算
・7月1日時点で休業が解消してない:休業手当を含めて計算

出典:中部アイティ産業健康保険組合

Q⑭算定基礎届の提出後にミスを発見した時はどうすればいいですか?

算定基礎届の「訂正届」を作成してください。

訂正の方法としては、算定基礎届の用紙の上のほうに訂正と記入します。
そして、間違えた欄を2段書きして、上段に正しい金額を「」で書き、下段に間違った金額を「」で書きましょう。

出典:企業実務オンライン 算定基礎届の提出後にミスを発見したときの処理方法は?

Q⑮新型コロナの影響で著しく報酬が下がった場合の特例改定について教えてください

新型コロナウイルス感染症の影響により休業した場合で、休業により報酬が著しく下がった場合は、健康保険・厚生年金保険料の標準報酬月額を、特例により翌月から改定することが可能となりました。

標準報酬月額の特例改定は、次の3つの条件をすべて満たす場合に行うことが可能です。
(1)事業主が新型コロナウイルス感染症の影響により休業(時間単位を含む)させたことにより、急減月(令和2年4月から7月までの間の1か月であって、休業により報酬が著しく低下した月として事業主が届け出た月)が生じた方
(2)急減月に支払われた報酬の総額(1か月分)に該当する標準報酬月額が、既に設定されている標準報酬月額に比べて、2等級以上下がった方
※ 固定的賃金(基本給、日給等単価等)の変動がない場合も対象となります。
(3)特例による改定を行うことについて、本人が書面により同意している方
※ 被保険者本人の十分な理解に基づく事前の同意が必要となります。(改定後の標準報酬月額に基づき、傷病手当金、出産手当金及び年金の額が算出されることへの同意を含みます。)
※ 本特例措置は、同一の被保険者について複数回申請を行うことはできません。

引用:日本年金機構

リーフレット
新型コロナウイルス特例について

「算定基礎届」参考資料

算定はいろいろなパターンがあるので、毎年悩ましいですよね。

最後に算定基礎届の作成の参考になる資料のリンクを張っておきますので、ご活用ください。

ご担当者様のお役に立てると幸いです。

よかったらシェアしてね!
管理人:キタ コウタロウ
社会保険労務士・Webライター
きた社労士事務所代表
給与計算や社会保険業務など労務業務を約10年、人事労務部門のマネージャーを約2年経験。現在は社労士・Webライターとして独立。
人事系メディアを中心に執筆・監修を行っています。
目次
閉じる