【GビズIDとe-Govの違いとは?】GビズID導入を検討中の方向けに解説

 

GビズIDってどうなんですか?
e-Govとの違いも知りたいです。

そんな疑問にお答えします。

労サポくん

この記事を書く私は労務の専門家である社会保険労務士です。

この記事でわかること
  • GビズIDの概要
  • GビズIDとe-Govの違い
  • GビズIDのメリットデメリット
GビズIDってなんだかわからないよね

「GビズIDってなんやねん」

そんな声が多く聞かれている昨今、「果たしてGビズIDを使う意味はあるのか」という真相に迫っていきたいと思います。

この記事ではGビズIDの導入を検討している方向けにGビズID導入のメリットとデメリットを解説しますので、ご検討されている方はぜひご覧ください。

目次

GビズIDとは

GビズIDとは無料で使える電子申請システムです。

GビズIDは社会保険だけではなく、補助金や行政手続きなど様々な申請がネットで申請できる経済産業省主幹のシステムになっています。

e-Govとの違いは電証明書が不要なため、お金がかからないこと。

資金繰りが厳しい中小企業に向けの電子申請システムと言ってもいいでしょう。

とはいえ、デメリットもあります。

「無料だからGビズIDにしよう」と思っている方はもう少し読み進めてから検討してください。
導入した後に「e-Govにしとけばよかった・・・。」となるかもしれません。

GビズIDとe-Govの違い

まず初めにGビズIDとe-Govどちらがいいのか。表にまとめましたのでご覧ください。

比較項目GビズIDe-Gov
料金無料有料
電子証明書不要必要
社会保険届出義務要件満たさない満たす
必要機器PC・スマートフォンPC

料金

料金については「電子証明書」が必要になるためe-Govが実質有料になっています。

電子証明書の値段は下記の通り。

有効期間料金
3ヵ月1,300円
6ヵ月2,300円
9ヵ月3,300円
12ヵ月(1年)4,300円
15ヵ月5,300円
18ヵ月6,300円
21ヵ月7,300円
24ヵ月(2年)8,300円
27ヵ月9,300円
2021年4月現在

期間が長ければ長いほど安くはなりますが、だいたい1ヵ月350円くらいです。

切手代や封筒代がなくなると考えれば経費としてはもう少し安くなります。

意外と安いですよね。

でもGビズIDは無料なので、お金をかけたくない方はGビズIDの方がいいかもしれません。

電子証明書の取得方法については下記の記事をご覧ください。

社会保険届出義務要件

社会保険の届出は2020年4月から大企業で電子申請が義務化になりました。
義務化されたのは社会保険と雇用保険、労働保険の届出です。

その中で、「育児休業給付金」と「高年齢雇用継続給付金」も義務化になったのですが、なんとGビズIDでは「育児休業給付金」と「高年齢雇用継続給付金」の申請はできません。

つまり社会保険義務化の要件を満たしていないのです。

ただし、GビズID経由でe-Govにログインすることができます。GビズID電子証明書の代わりになるということです。

GビズIDのIDでe-Govにログインすれば「育児休業給付金」と「高年齢雇用継続給付金」の申請ができるようになります。

労サポくん

ちなみにe-Govはほとんどの届出を電子申請ですることができます。
36協定や労働保険料の申告も可能です。

必要機器

当たり前ですが、電子申請なのでPCは必要です。

ですが、GビズIDはもう一つ必要な機器があります。それは「スマートフォン」です。

なぜスマートフォンが必要なのかと言うと、ワンタイムパスワードをSMSで受信するから。

「ワンタイムパスワードをSMSで受信?」となる方もいらっしゃると思うので簡単に説明すると、申請をするたびに一時的に使えるパスワードを登録しているスマートフォンのショートメールに送って、そのパスワードを見て申請をします。

そう、ちょっとめんどくさいんです。

GビズIDをやってみようという方はここを乗り越えられるかどうかで考えてみてください。

ちなみにe-GovはPCのみで完結します。パスワードは必要ですが、一度登録するだけで使えるのでそんなに手間ではありません。

GビズIDのメリット

GビズIDを使うにあたりメリットをまとめました。

  1. 無料で電子申請ができる
  2. 経済産業省管轄なので補助金申請に向いている
  3. 中小企業には使いやすい

上記の通り。

無料で使えるので、今までかかっていた切手代や封筒の費用がかからなくなります。

そして経済産業省が主幹となっているため、社会保険だけではなく様々な補助金や給付金の申請システムと連携しており、ややっこしい書類の作成が楽になります。

総合すると「中小企業向け」のシステムと言っていいでしょう。

GビズIDのデメリット

デメリットをまとめるとこちらになります。

  1. ワンタイムパスワードがめんどくさい
  2. 主にスマートフォン保持者が申請者となる
  3. 全ての届出を電子申請できない(GビズID経由でe-Govにログインできる)

上記の通り。

申請のたびにワンタイムパスワードを使うことになるので、件数が多い場合はかなり手間がかかります。
また、スマートフォン(携帯電話)を使用するため、申請者が限られることもデメリットでしょう。

届出もe-Govと違い、すべて網羅しているわけではありません。まだまだ発展途上のシステムと言えます。

発展途上のため、アップデートも多め。その分バグがあることも多いと思います。

つまりGビズIDは、届出頻度の多い大企業には向いていないということです。個人的な意見を言うと大企業はe-Govの方が使いやすいと思います。

まとめ

今回はGビズIDとe-Govの違いとGビズIDのメリット・デメリットについて解説しました。

人事労務ご担当の方にとっては社会保険の申請を電子にしたいと思っている方は多いと思います。

であれば、どちらがご自身の会社に合っているかしっかり検討したうえで導入をしましょう。

労サポくん

ちなみに、電子申請を導入しても紙の申請は引き続き受け付けてくれます。

以上、お役に立てれば幸いです。

【もってて損なし】おすすめの本
【プロに相談してみませんか?】税金や助成金の相談
【無料あり】中小企業におすすめのシステム
よかったらシェアしてね!
管理人:キタ コウタロウ
社会保険労務士・WEBライター
給与計算や社会保険業務など労務の仕事を約10年、人事労務部門のマネージャーを約2年経験。現在は独立し、人事労務に特化したWEBライターとして活動しています。
WEBメディアの記事執筆、または記事監修は随時承っております。気軽にお問い合わせください。
目次
閉じる