【賞与計算ミス対処法】返金・社会保険料・所得税のリカバリー方法

こんにちは、社労士のキタです。

賞与計算を間違って困っていませんか?
給与計算業務をしていると、賞与を間違えることは実際起こりうることです。(本当はダメですが)

正直申し上げると、私も賞与計算を間違ったことはあります。気が動転して、焦って何をやっていいのかわからなくなりますよね。

でも間違ったものはしょうがない。間違ったものをどう対処するか考えていきましょう。

今回は、賞与計算をミスした時の対処法を解説します。私の経験をもとに解説するので実務的な情報です。
参考にしていただければ幸いです。

この記事でわかること
  • 賞与計算ミスの対処法
  • 具体的な事例・方法
  • 賞与の間違いを防ぐ方法
賞与は意外とミスしやすいから気をつけて
目次

賞与計算ミスの対処法

賞与計算をミスした時の対処法は次の通りです。

  1. 賞与支払届の訂正
  2. 従業員への返金・支払
  3. 社会保険料の返金・徴収
  4. 所得税の訂正

では、それぞれ解説していきます。

賞与支払届の訂正

以下の2点に該当する場合は賞与支払届の訂正が必要です。

  1. 賞与の金額が間違っていた
  2. すでに賞与支払届を提出している

賞与支払届を間違った金額で提出しているということは、社会保険の請求も間違った状態で請求されることになります。

なので、早急に賞与支払訂正届を提出する必要があります。
記入例は下記の通り。

賞与支払届_訂正届

例では
誤)500,000円
正)400,000円
です。

間違った金額を、正しい金額をで記入し、間違った従業員のみの届出を作成します。

また訂正届の場合は、紙のみの対応となります。電子申請や磁気媒体で訂正届は提出できないので、紙での提出が必要です。

従業員への返金・支払

賞与を間違った場合は、従業員へ説明し、返金もしくは支払をしなければなりません。また、返金・支払額は社会保険料や所得税を正しく計算したあとの差引支給金額であることをも忘れずに。

やり方は3つあります。

  1. 現金で精算
  2. 会社の口座に振込
  3. 給与で相殺する

現金で精算

返金の場合は現金での清算が一番早くて単純です。ただ、金額が大きい場合は別のやり方がいいでしょう。

もしあなたが「ボーナス間違ったから明日20万円もってきて」と会社から言われたらどう思いますか?
おそらく会社への信用がガタ落ちすると思います。

ちなみに、賞与が足りなかった場合に現金で支給するのはおすすめしません。証拠が残らないからです。

会社の口座に振込

賞与が過払いだった場合は、会社の口座を教えて振込んでもらう方法もあります。ただ、手数料は会社で持ってあげましょう。間違ったのは会社ですからね。

賞与が足りなかった場合は、給与口座に振込してあげましょう。

給与で相殺する

給与で賞与分を相殺することも可能と言えば可能です。
ただし、注意していただきたいのは「雇用保険料」と「所得税」です。

雇用保険料と所得税は支給額によって変動します。雇用保険は「正しい賞与分の差額と賞与訂正前の雇用保険料をたす」のが正しい計算です。

所得税は、年末調整で差額が精算されますが、従業員本人からしてみれば当月の所得税分も正確に計算してほしいはず。
従業員と話し合って当月精算するか、年末調整で精算するか決めるとよいです。

社会保険料の返金・徴収

社会保険料を間違った場合も、賞与額の訂正と同じやり方で対処できます。

なお、賞与の社会保険料は支給額によって変動するので、支給額を間違った場合は差額計算が必要です。

私の経験上、一番多いやり方は「給与で相殺」です。社会保険料を間違って徴収したり、徴収しなかったりした場合は、給与で精算していました。

給与システムだと「社会保険料訂正」や「健康保険訂正」などの項目を使って調整をかけることが多かったです。項目を分けることで「訂正分」と見分けがつきますからね。

所得税の訂正

所得税の訂正は、年末調整で精算されるので行わなくても問題はありません。ですが、従業員本人からすると「多く取られた」という気分にもなるので、できるだけ給与で相殺してあげた方がいいと思います。

従業員と話し合って精算方法を決定しましょう。

労サポくん

もし賞与額を間違った場合は、返金・支払いだけではなく、社会保険料と所得税の再計算も必要です。間違った金額と正しい金額の差額を算出することを忘れずに。

賞与支払日前の訂正

賞与支給日(6月10日など)より前に賞与の間違いに気づいた場合は「組戻し」が可能です。

組戻しは、間違った従業員分の差引支給額を一旦全額会社に戻してもらう手続きです。戻してもらったあとは、再度間違った従業員分だけ振込手続きを行います。

これは銀行を通してできる訂正方法で、最終的に従業員本人に正しい金額の賞与を払うことができますが、かなり手間がかかります。

詳しいやり方は下記の記事で解説していますので、あわせてご覧ください。

賞与の間違いを防ぐ方法

賞与ミスは従業員の期待と金額が大きい分、間違うと給与より大事になってしまいます。

そこで次は、私が実践してきた賞与ミスを防ぐポイントを解説します。

イレギュラー対象者のチェック

従業員の中には賞与査定期間にイレギュラーなことがあった人は必ずいます。
例えば下記のような人です。

  • 産休・育休・長期休業に入った人
  • 移籍出向・移籍出向戻りがあった人
  • 選択型賞与確定拠出(DC)対象者
  • 海外駐在者

これらは、賞与額が変更になる可能性があります。

最後まで「本当にあっているか」確認し、必ず二重チェックを行いましょう。

社会保険料の徴収の有無

社会保険を徴収するか、しないかで賞与は大きく変わります。

例えば次のような場合は注意が必要です。

  • 賞与支給月に入社
  • 賞与支給月の途中に退職
  • 賞与支給月に産休・育休開始
  • 賞与支給月に移籍出向

いずれも賞与月で変わる異動パターンです。例えば、賞与支給日が6月10日で、退職日が6月29日だとしたら賞与から社会保険料は徴収しません。

このように支給日より異動日が後日になる場合は間違いやすいので、事前に情報を仕入れたうえで賞与を計算するようにしましょう。

賞与の社会保険料は下記の記事でも解説しています。あわせてご覧ください。

欠勤控除の有無

賞与は査定期間に欠勤した従業員がいたら欠勤分を控除しますよね。いつも欠勤控除があれば大丈夫だとおもいますが、めったに欠勤がない会社だと「欠勤控除分」を忘れる場合があります。

賞与の規定で「欠勤分は減額しない」と定めていれば問題ありませんが「単純に忘れていた」というのは問題があります。

賞与計算前に欠勤者がいるかいないか、事前に調べたうえで計算に入りましょう。

賞与から開始する福利厚生控除

意外と見落としがちなのが、初めて賞与から控除が開始する福利厚生です。「財形」や「生命保険」などが該当します。

特に財形を6月や12月から開始する従業員は「賞与から」控除するパターンが多いです。
例えば、財形を6月開始で申し込んで、賞与が「6月10日」給与が「6月25日」だった場合、初めて控除されるのは「賞与」からですよね。

頭の中では「6月から」と覚えていても「賞与から開始することを忘れる」場合があります。賞与から控除されるものは十分注意して見ておきましょう。

まとめ

賞与計算を間違ったときは、まず間違った金額と正しい金額の差額を出します。そのうえでいくら間違ったのか把握し、上司に報告が必要です。

そのうえで、賞与支払届の作成や返金・支払と手順を踏んでいきましょう。

賞与の間違いに気づいたら、まずは焦らず慎重に作業を進めてください。
大丈夫です。私も間違ったことがありますが、なんとなかりました。(すごく怒られましたが)

以上、賞与ミスの対処法をご紹介しました。お役に立てると幸いです。

よかったらシェアしてね!
管理人:キタ コウタロウ
社会保険労務士・Webライター
きた社労士事務所代表
給与計算や社会保険業務など労務業務を約10年、人事労務部門のマネージャーを約2年経験。現在は社労士・Webライターとして独立。
人事系メディアを中心に執筆・監修を行っています。
目次
閉じる